Dog Dance Japan

ワークショップの進行と申告表の提出について

ワークショップの進行と申告表の提出について 2016/05/03

5月27日(金)、5月29日(日)のワークショップご参加の皆さまへお知らせです。

当日受付に、以下の「申告表」をご提出ください。
トレーニングショーやレッスンで曲を使用される方は、「音楽CD」
もお忘れないようにご注意ください。

※ワークショップでのモチベータ・トリーツの使用は可能です。
  食べ物は極力 床に落とさないようにご注意ください。


 こちらをクリック→ < トレーニングショー用の申告表 (PDF) >


 こちらをクリック→< プライベートレッスン用の申告表 (PDF) >


<トレーニングショーを選択した方へ>

本番と同じ環境で演技することを目的としています。
「MCがコール → 入場後、ジャッジにご挨拶 → 1曲通して演技 その後、アドバイスを受ける → 希望者は再演技」 という流れが基本です。

※持ち時間の中で、演技前に講師に何かを伝えたり、馴致の時間をとることは自由です。

* トレーニングショーでの採点はありません
  アドバイス・コメントを考える事に重点を置いていただくためです。
 
* 今年は トレーニングショーの再演技のタイミングを変更します。
  2回目の演技は、午前(または午後)の組が全員終了後に、本番のように
  順番に演技していただきます。
  再演技を希望されない方は、その分のレッスン時間が延長されます。


<プライベートレッスンを選択した方へ>

持ち時間を完全プライベートレッスンに利用してください。
制作中のルーチンの相談や 仔犬のトレーニングにも どうぞ。
曲をかける事もできます。

**************

<進 行>

1組の持ち時間 (トレーニングショー20分、プライベートレッスン25分)が経ちますと
「TIME」とアナウンスが入ります。
その後5分で 話をまとめて頂き 次の方との交代にご協力お願い致します。

3組~4組ごとに休憩が入ります。

午前の組が終了後、2回目の演技を行っていただきます。
コンペティション本番を想定し(モチベータの使用は自由)、トレーニングショーの順番で続けて演技して頂きます。

------ ランチ休憩-----------

午後の組も同様に進行します。

最後にエミーさんより総評をいただきます。

**********

ワークショップで撮影した演技の動画を「DDJPオンラインビデオコンペ」にエントリーすることができます。
 
スポンサーサイト

PageTop